少年A | 「ブログタイトルなんて飾りです。偉い人にはそれがわからないのです。」
L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

少年A

こんばんわ、NORIXです。

先日手記を発表した元「少年A」について、書こうか否か本当に迷いましたが、あえて書かせてもらいます。

神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件、アレから18年の月日が経つのですね。月日の流れが早く感じるのですが、この事件に関しての記憶が薄れていっています。

事件当時、連日新聞やテレビ等で報道されていたのを今でもよく覚えています・・・。

犯人が当時14歳の少年だったという事で、これもまた報道でしり、かなりの衝撃を受けました。

この元「少年A」が動機についてどのように語っていたのかはよく覚えていませんが、恐らくこの事件が少年犯罪の凶悪化(殺人等)の発端になったのではないでしょうか?いや、もっと前にあったのかもしれないけど、報道されていない事件もあるかもしれません。
(この事件と少年のバスジャック事件のどちらが早かったかが曖昧です。)

何故18年経った今、あの事件に対する手記を出したのか?

こう疑問に思う方が沢山いるようですが、俺もその一人です。
被害者の方々の立場からすれば、「18年経っても、あの時の事を未だに覚えている」と言われるかもしれないのに、それを鮮明に思い出させるかのように、こういう行為をするというのは流石に・・・。

執筆理由が、「医療少年院に入院するまでと、仮退院以降の生活についての2部構成。1部では犯行に至るまでの性衝動や動物への残虐行為などを回想。2部では2004年の仮退院後にアルバイトや溶接工として働いたことに触れている。男性は「自分の過去と対峙し、切り結び、それを書くことが、僕に残された唯一の自己救済という理由だそうですが、明らかに被害者家族をバカにしているようにしか思えません。

正直、「ふざけんな!!」って思いました。

「事件から18年経ったから何をしても良いのか?」という質問に恐らく「NO!!」という人が多いかもしれませんね。

なのに、何故?

あの事件の事を知らない10代が多い今、この事件の事を見てどう思うのか、ご意見求みます。
関連記事
スポンサーサイト
いつも応援して頂き感謝致します。

FC2Blog Ranking Blog Entry ランキングへ投票

Theme: 日記
Genre: 日記

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。